• ㈱渡辺鐵工所

定盤作業の準備

今回はH鋼をR曲げ加工したものにケガキを入れる準備の様子です。


まずは大きな鉄板を敷いて、定盤をつくります。

ここで段差が出来たり水平が取れていないと製品を作るときにガタがついてしまうので、しっかりと精度確認をします。


そのうえで現寸サイズのフィルムを使用して下書きをしていきます。

R曲げや不規則な形状の加工、手すりなどの細かい組み物をするときに良く使う加工方法です。



次回は、今回の加工で形になったものを紹介しようと思います。(渡辺)

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示