• ㈱渡辺鐵工所

仮組み検査【社内検査】

今日は先日行った、社内検査の紹介です。

鉄骨には、製作途中に大きく分けて現寸検査、仮組み検査、超音波探傷検査、製品検査と4つの検査項目があります。


写真は、その中の溶接前に行う【仮組み検査】時の様子です。

手に持っているゲージでルート間隔と開先角度を計測する検査です。


下の側面図を参照に説明すると、、、

・12と14aが溶接でつなぎ合わせたい鋼板

・16は鋼板を溶接で繋ぐための補助鋼材

・g:ルート間隔

・α:開先角度


gとαは溶接前は溝になっており、ここを溶接で埋めて鋼材を繋ぎ合わせていきます。


今回はルート間隔(g)が7mm、開先角度(α)が35度で施工誤差が許容範囲内に加工できているかを計測しています。


物件によって、この数値の設定が異なるので、間違えないように加工する必要があります。

合格判定の出た製品は次工程の溶接作業へと進めます。


見た目は簡単な検査ですが、ここの数値が悪いと溶接性や構造計算への影響が出るため、品質管理として大変大事な検査です。(渡辺)




34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示